審査付論文
タイトル 発表年
A Study on the Building Construction Education of the Universities of Japan、共著、1995年4月、Proceedings of CIB W89
Symposium pp.275-284、(共著者)村上心・松村秀一・野城智也
1995
破断鋼材の破断面近傍補修溶接における鋼材の材料特性および溶接継手性能について、共著、1998年11月、日本建築学会構造系論文集no.513 pp.143-149、(共著者)渡辺誠一・村上心・木村衛・金子洋文・櫛部淳道(分担)実験結果の策定、実験データの分析・評価、論文執筆 1998
マスハウジング期集合住宅の位置付けと再生工事内容の分類―マスハウジング期に建設された集合住宅の再生手法に関する国際比較研究 その1、共著、1998年12月、日本建築学会計画系論文集 no.514 pp.111-117、(共著者)松村秀一・村上心・梁成旭・西村秀之 1998
再生工事の経済・組織的成立条件に関する事例研究―マスハウジング期に建設された集合住宅の再生手法に関する国際比較研究その2、共著、1999年10月、日本建築学会計画系論文集 no.524 pp.139-144、(共著者)松村秀一・村上心・梁成旭・西村秀之 1999
Japan-the Netherlands Comparative Research on Methods of Rehabilitation of Multi-family Dwellings 、共著、2000年6月、Open House International pp.13-23、(共著者)村上心・川野紀江・Ype Cuperus 2000
Case Study of Roles in Rehabilitation-International Comparative Research on rehabilitation Methods of Multi-family Dwellings Constructed during the Mass-housingPeriod、共著、2000年10月、Proceedings of CIB W104
Symposium pp.349-356、(共著者)村上心・松村秀一
2000
人工軽量骨材コンクリートの骨材粒度の違いによる乾燥収縮及びクリープ特性に関する研究、共著、2001年7月、日本コンクリート工学協会
コンクリート工学年次論文集 vol.23、no.2 pp.745-750、(共著者)渡辺誠一・村上心・谷口綾
2001
Sustainable Changes in Japanese Houses、共著、2001年10月、Proceedings of CIB W104
Symposium pp.195-205、(共著者)戸部栄一・村上心・元岡展久
2001
Research on Concrete Containing Cutter Polishing Residue Sludge as Fine Aggregate、共著、2002年10月、the First fib Congress 2002 、(共著者)渡辺誠一・村上心・谷口綾 2002
Approaches and Challenges to Rehabilitation of Japanese Public Multi-family Dwellings、共著、2002年10月、Proceedings of CIB W104
Symposium pp.129-139 ;Open House International vol.28 No.2 pp47-54、2003.7、(共著者)村上心・戸部栄一
2002
ジオメトリ把握能力に着目した建築CAD教育カリキュラムとクラス編成に関する研究、共著、2004年1月、日本建築学会環境系論文集 No.575 pp.107-113、(共著者)村上心・川野紀江 2004
Trends in Building Regulations of Japan、単著、2004年9月、Open House International vol.29 No.3 pp69-78、 2004
Small House Projects in Japan-Housing Experiments for Sustainability and Open Building Concept、共著、2004年9月、2005年6月、Proceedings of CIB W104 Symposium 2004.9、Open House International vol.30 No.2 pp88-94、2005.6、(共著者)元岡展久・村上心・戸部栄一 2004
コンクリート透水性型枠に関する実験的研究、共著、2005年5月、日本建築学会構造系論文集no.591、2005.5. pp.1-6、(共著者)渡辺誠一・村上心・田中睦子 2005
マスハウジング期集合住宅団地の再生に関する日蘭比較研究 ―RDマトリクスを用いた再生工事内容と工事範囲の分析―、共著、2005年7月、日本建築学会計画系論文集 no.593、2005.7. pp.87-92、(共著者)村上心・川野紀江 2005
Study on the consensus building mechanism for renovation of multi-family dwellings、共著、2005年9月、proceedings of the 2005 World Sustainable Building Conference in Tokyo2005.9. pp.11-14, pp.3144-3151、(共著者)村上心・川野紀江 2005
室内電気エネルギー供給器具の開発に関する研究、共著、2005年12月、日本色彩学会誌vol29 no4、pp.281-290、(共著者)村上心・加藤雪枝・車戸優子・松本里奈 2005
構造設計演習科目が設計実習への取り組みに与える効果に関する研究、共著、2006年1月、日本建築学会第6回建築教育シンポジウム論文集2006.1. pp.35-39、(共著者)川野紀江・村上心 2006
空き地・空き家実態からみた郊外住宅団地の持続可能性についての考察、共著、2006年11月、都市住宅学会、都市住宅学no.55 pp.70-75、(共著者)片山直紀・海道清信・村上心・前田幸栄 2006
Comparison of construction materials and techniques in new and refurbished housing projects、共著、2007年5月、CIB World Building Congress, Cape Town, 2007.5, pp.2788-2797、(共著者)Ype Cuperus, Norie Kawano, Kevin Lin, Marton Marosszeky, Shin Murakami 2007
Case Studies on Sustainable Elementary School Building Design by Partial Conversion、共著、2007年6月、International Conference on Sustainable Building Asia、(共著者)Yasuo Omi, , Shin Murakami, Makoto Tsunoda, 2007
集合住宅団地居住者の属性及び再生希望に着目した合意形成意識に関する研究
、共著、2007年9月、日本建築学会計画系論文集 no.619、pp.141-146、(共著者)村上心・川野紀江
2007
壁における透水型枠の開孔率と透水量,圧縮強度及び乾燥収縮ひずみについて
、共著、2007年9月、日本建築学会構造系論文集no.619、 pp.619-624、(共著者)渡辺誠一・村上心・田中睦子
2007
“Study on Parts and Components for Renovation of Multi-Family Dwellings”
、共著、2007年11月、建築ストック賦活更新会議2007,Building Stock Activation 2007,pp.59-66、(共著者)Shin Murakami・Marton MAROSSZEKY・Ype CUPERUS・Norie Kawano
2007
居住者属性に着目した分譲集合住宅の再生項目決定手法に関する研究
、共著、2008年4月、日本建築学会計画系論文集 NO.626 P.827-、(共著者)村上心・川野紀江
2008
高齢者専用賃貸住宅の他用途施設からの転用改修に関する研究、共著、2008年11月、日本建築学会計画系論文集 NO.633 P.2317- 、(共著者)熊澤暢子,生田京子,村上 心,山下哲郎 2008